Create a new color !

ブログトップ

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ズルイCM

a0017706_156466.jpg最近のCMは何だか面白みに欠ける。そう思っていた今日この頃、ちょっと気になるCMが出てきた
。それは、ダイワハウスのCMです。

まずは「細胞編」。大学病院の研究室で細胞の変化を研究員が顕微鏡で覗いていると、細胞がドンドン結合していって、家の形になるCMです。その教授役が寺尾聰なのがまたズルイ。

この「細胞編」も好きなんですが、もっと好きなのが「人生ゲーム編」。マンションの一室でサラリーマンが同僚を自宅に呼んで飲みながら人生ゲームをやっているという設定。

このシチュエーションだけでもズルイのに、演者の中に小林正寛が出ている。ワタシはこの人のキャラ自体がツボなのである。まぁ、まずはちょっとこのダイワハウスのCMを観てください。
[PR]
by ka-mura | 2005-06-25 23:58 | 濃紫の広告

preminiな視線

a0017706_2391612.jpg

ワタシはヒゲをたくわえている。そんなワタシの前に現れたのがこのヒゲトリマーだ。簡単に言えば、ヒゲを整える専用のバリカン。しかも待望のBraun製。もちろん即買い。またヒゲ族から抜け出せなくなってしまった。
[PR]
by ka-mura | 2005-06-24 23:39 | 黄色い視線

激闘の先に見えたもの

a0017706_18335541.jpg

こんなにも嬉しく、残念な朝を迎えたことはない。コンフェデ杯
「日本 VS ブラジル」戦。ドイツのケルンで1次リーグB組の最終戦を
行い、2-2のドロー。ともに1勝1分け1敗の勝ち点4で並んだが、得失点
差で劣る日本はB組3位となり、前回大会に続いて準決勝進出を逃した。


W杯アジア最終予選では、守備的な組織でリスクの少ない戦術で勝ち
抜いた。しかし、同じ戦術で守りきれるほど世界のレベルは甘くない。
ブラジル戦では前線から積極的に仕掛け、守備・攻撃が組織的に機能
した。しかし、前線からのプレスは高い位置でボールを奪える反面、
かわされると一瞬で決定的なピンチを招くリスクも背負っている。


ブラジルの高い技術により前線で寄せきれず、何度も危ない場面をつ
くられたのも事実。しかし、日本がこれから世界で勝ち抜くためには
絶対に避けては通れない道である。世界王者ブラジルの猛攻を受けな
がらも、最後まで食い下がった日本。


これまで日本のブラジル戦の成績は「5敗1分け」と勝ち星なし。総得
点もわずか1ゴール。そんな歴史を踏まえれば、このドローは大きな
価値がある。しかし、日本はもうドローで喜んでいるようなチームで
はないことも証明された。


勝てるチャンスがいくつもあっただけに、残念でならない。日本がこ
れからの一年でどれだけ本当の世界レベルを体感できるか。W杯のア
ジア予選が終わっても日本の試練はまだまだ続く。


(本日、仕事で書いた自分の原稿から引用)
[PR]
by ka-mura | 2005-06-23 18:32 | 蒼いスポーツ

サイショで載語

クローゼットの奥に眠っていたデジカメ「サイバーショットU20」。
今となってはケータイ以下の画素数になってしまった200万画素。
せっかく買ったのに全く使ってないから、最近は持ち歩くことに。
最初で最後になるかもしれない小さな小さな写真展。
駄文と共にお楽しみください。


ワタシは究極のインドア派。自宅をコヨナク愛し、休日はもちろん引きこもり。そんなワタシがバーベキューに。なぜって?それは、Focus Infinity Productionの新作映画「Wiz/Out」のキャスト&スタッフ親睦会だったので。
a0017706_23551274.jpg
ここで衝撃的な出逢いをしてしまった。ELECTROWERXがつくってくれた「ホットドッグ」だ。一口食べれば幸せに、もう一口食べれば天国へ。なにやら、このソーセージとやらが普通とは違うらしい。とある会員制のスーパーでしか売っていないアメリカのソーセージだとか。さすが、アメリカ。恐るべし、U.S.A。見事、米国。このホットドッグは、オトコも堕ちる。
[PR]
by ka-mura | 2005-06-20 00:06 | サイショで載語

3ヶ月のサボリ

a0017706_22573085.jpg



                ブログ、再出航。


  
[PR]
by ka-mura | 2005-06-19 20:31 | その他