Create a new color !

ブログトップ

イヤイヤイヤ、びっくらこいちゃいました。

a0017706_2258450.jpgワタシが唯一この世で尊敬する人物、高田純次。その彼が綴った新書「適当論」がついに発売された。ネーミングの素晴らしさでもう満腹だ。

(「憧れの存在だと思われていることはどう思いますか」という問いに対して)『何かの勘違いだと思うんだよねぇ。どういう風に見えてるのか分からないけど、俺だってつらいこといっぱいあるんだから。トイレ行けば、痔が出ちゃって、指で押し込んだりしてさ。』  〜第1章より〜

高田純次が繰り広げる「適当さ」「無責任さ」が魅力となり、一般人はもちろん、各界の著名人にもファンの多い高田純次。なぜ人々は彼に憧れるのか?どうすれば「適当」でも愛されるのか?

彼の発言や半生から彼の思考をトレースし、また、精神科医である和田秀樹氏による分析も加えた、適当かつ楽しく生きる方法を学ぶ、本当の意味での「生き方上手」を習得できる一冊。

この本を読み終えて、ワタシはさらに高田純次が雲の上の存在になった。リスペクト、リスペクト。
[PR]
by ka-mura | 2006-03-25 05:24 | 黄金のオススメ